トップ>トピックス

考え方と

考え方と

効率
自動車メーカーにももちろん考え方は有るのでしょうが当方にもエンジンのマネージメントに関しては独自の考え方がございます。効率を上げればパワーも出る、そしてその効率の求め方はもちろん機械とECUです。エンジンのプロはいます、そしてECUのプロもいます。ではどちらも語れるプロって...簡単に言えば最近はコンプレッションとノッキング回避技術、ガソリンの霧化です。自動車メーカーなら更に燃費性能も加味しなければならない。燃費を上げる第一はインジェクターの容量縮小です。加速時にどう補うのか。その瞬間の点火時期の遅角だったり燃焼室やピストントップの形状です。出来ればエンジンごと造りたい...そうなりますよね。