トップ>トピックス

自家用車

自家用車

足車
クルマ好きなら乗用車を欲しがる、これが普通だと思います。でも当時の私はレーシングカーと積載車が欲しかった、その部分では少しだけベクトルの違うクルマ好きなのかもしれません。とにかく言えるのは働くクルマの中でも積載車が最高、クルマが運べるのは至高。当時赤城山ではナンバー無しのレーシングカーが普通に走っていて私もそういうのを持って行きたかった。だからこそそういう群馬県に毒された???とも言えますね。たまたま凄い方々が群馬県にはいて、今でも日本一の方も多数。環境に恵まれていたのかもしれませんしライバルもいたので技術競争が進んだともいえます。まあ走りと改造は負けられないのでそういう環境が整っていたのでしょう。だから今でも自家用車と言うよりは自分のやりたい事をかなえるクルマにしか興味が無い。私が最後にたどり着くのは寝台付きの積載車出来れば2台運びたいという願望がございますが...歳なのでしょうね、大きな車が億劫になって来まして...バスを手に入れた時が大きな車を手にする(現実を知る)ピークだったのでしょうね。でも昔よりは高速道路も整備されて大きな車も乗り易くなりましたね。でも若い時と今とでは全くもって欲しいモノが違ってきました。別に空飛ぶクルマは欲しいとは思わない。