トップ>トピックス

脳の

脳の

認識
クルマに限った事では無いのですが、見た目や距離感、思考等は全て脳が認識しております。通常ならある程度補完機能で凡そがつかめる、しかし残念ながらその機能が十分に発揮出来ない方が多いようです。想像力とかこの先どうなるという考えが思いつかないようで機械的にしか処理出来ない。ロボットはただ動くだけですからそこの感情の余地は無い、でも人間は好きか嫌いか、どちらかと言うと自分にとって良いモノなのか悪いモノなのかの判断が際立つ。そしてもうそろそろしたら年代的に何の為に働くのかの区別もつかない世代が出てくるのでしょう。理由が無ければ働く理由も無い。AIが何が凄いかって関連付けと紐付けでこのまま行くとどうなるのかのその先の予想が出来るという事です。それは人間が思いつく事では無いのかもしれませんし、その関連付けの考え方こそ応用力だったりIQだったりします。どんなに勉強してもIQは変化しない、知能指数と言うほどですから持って生まれたキャパシティーの事です。私にとってはこの考え方もクルマのECUの処理能力も同じです。ダメな状況だとダメ、バグレベルの決定的な脆弱。人間が造るものですから人間の能力に起因しますよね。処理の良し悪し、理論的構築、全ては脳が判断する事ですからIQの高い方にしか私は私の品は頼みたくない。そしてそんな人は見た事が無い。